ローカルパックとは?表示させるための3つの要素と対策

ローカルパック

「ローカルパックの仕組みについて知りたい」「どうすればローカルパックに表示されるのか?」

というビジネスオーナーの方に、ローカルパックの仕組みや表示させる方法について解説します。

検索結果画面に表示され、ユーザーの目に触れやすいローカルパック。

上位表示できれば来店や売上増加につながります。

ローカルパックに表示するための対策の他、注意点も紹介するので参考にしてみてください。

目次

ローカルパックとは

ローカルパックとは

ローカルパックはGoogle検索結果に表示される、Googleビジネスプロフィールのリストのこと。

地域名+サービス名」など地域性のあるキーワードで検索した際、Goggleマップと共に表示されます。

ローカルパックとは

自然検索結果の上部に表示されるため、ユーザーの目に触れやすいのが特徴です。

各情報をクリックするとさらに、Googleビジネスプロフィールの詳細情報も見られます。

そのためユーザーにとっては、近隣の店舗情報にすぐにアクセスできて便利でしょう。

例えば「渋谷 カフェ」で検索したら、検索結果画面の上部に渋谷付近の店舗リストが表示されます。

このようにユーザーが来店・利用目的で、地域検索したとき表示されるのがローカルパック。

ビジネスオーナーにとっては、ローカルパックに表示されることで検索結果からの流入増加を見込めるのです。

ローカルパックを活用するメリット

ローカルパックメリット

ここでは、ビジネスオーナーがローカルパックを活用するメリットを2つ紹介します。

無料で検索結果に掲載できる

ローカルパックを活用すれば、無料で検索結果に掲載できます。

つまり費用がかからず、店舗・サービス情報の露出を増やせると言えるでしょう。

通常、インターネット上に店舗情報を公開したい場合、飲食店などの情報サイトに掲載する方法があります。

また自社ホームページを制作する場合もあるでしょう。

どちらも費用がかかりますが、ローカルパックへの掲載は無料。

前提となるGoogleビジネスプロフィール登録も無料なため、コストを抑えて集客ができます。

上位表示されるとクリック率が上がる

上位表示されるとユーザーの目に留まりやすくなるため、クリック率が上がります。

店舗情報を見てくれる人が増えれば、来店数や売上の向上を期待できるでしょう。

通常、検索結果のローカルパックに表示されるリストは3つ。

それ以降のリストは画面遷移しないと見られません。

上位の情報ほどユーザーから信頼を得やすいのもあるため、上位表示された方が有利です。

またローカルパックは地域性のあるキーワードで検索され、ニーズが顕在化しているのが特徴。

「渋谷 カフェ」で検索した人は渋谷のカフェに行きたいと思っている人ですよね。

つまりクリック率が上がるということは、来店や予約、問い合わせなど売上につながる可能性が高いと言えるでしょう。

ローカルパックの種類

ローカルパック種類

実は、検索キーワードによって表示されるローカルパックは異なります。

主な種類は4つ。ここではそれぞれの特徴を紹介します。

  • 通常のローカルパック
  • ローカルスナックパック
  • ローカルABCパック
  • ローカルファインダー

通常のローカルパック

「エリア名+サービス名」で検索した際、多くの場合がこのパターンに該当します。

通常ローカルパック

例えば、以下のように一般的な店舗・サービスを検索したときが、通常の表示パターンです。

【検索キーワード】
「渋谷 スポーツジム」
「渋谷 フォトスタジオ」
「渋谷 美容室」

検索結果のローカルパックには3つのビジネスリストが表示され、それぞれ以下のような情報が表示されます。

検索結果に表示される項目
店名(ビジネス名)、評価、口コミ、業種、住所、営業時間、オンライン予約の有無、ウェブサイト、ルート

なお各々のビジネス情報をクリックすれば、詳細情報を見られます。

ローカルスナックパック

飲食、娯楽などのサービスを検索した際に表示されるのがローカルスナックパック。

ローカルスナックパック

例えば、以下のような飲食店、娯楽施設などで調べた場合がこのパターンです。

【検索キーワード】
「渋谷 カフェ」
「渋谷 ゲームセンター」
「渋谷 公園」

通常のローカルパックとは検索結果の表示項目が異なります。

検索結果に表示される項目
店名(ビジネス名)、評価、口コミ、業種、住所、営業時間、イートイン・テイクアウトの有無、写真

また、店舗情報が伝わりやすいように写真があるのが大きな特徴。

検索結果にはウェブサイトとルートが表示されませんが、詳細情報に飛べば確認できます。

ローカルABCパック

銀行、ブランドショップなど店舗ごとの評価が分かれにくいものがローカルABCパック。

ローカルABCパック

表示される3つのビジネス名の先頭にABCが付くため、そう呼ばれています。

例えば、以下のようなキーワードで検索した場合がローカルABCパックの一例です。

検索キーワード
「渋谷 銀行」
「渋谷 コンビニ」
「渋谷 交番」

検索結果で表示されるのは以下の情報のみですが、詳細情報に飛べば口コミなど他の情報も確認できます。

検索結果に表示される項目
ビジネス名、業種、住所、電話番号、営業時間、ウェブサイト、ルート

ローカルファインダー

ローカルファインダーは、全てのビジネスリストを表示したページのこと。

3つのビジネスリストの下「さらに表示」をクリックして、遷移したページを指します。

ローカルファインダー

表示される項目は他の種類と同じですが、検索結果から画面遷移しないと閲覧されないのが特徴。

そのため、ローカルファインダーよりも上位3つに入る方が、クリックされて利益につながりやすいと言えるでしょう。

ローカルパックに表示させるために必要なこと

ローカルパック事前必要

ローカルパックに表示させる前提として、必要なことを2つ解説します。

Googleビジネスプロフィールを登録する

まず情報源となる、Googleビジネスプロフィールの登録が必要です。

Googleビジネスプロフィールとは、Googleでの検索結果に表示させる店舗や会社などのビジネス情報を登録、管理するサービスのこと。

無料で登録することができますが、インターネット上の情報からGoogleが自動生成している場合もあります。

なおGoogleビジネスプロフィールを新規登録する方法は、下記記事もご覧ください。

Googleビジネスプロフィールのオーナー確認をする

既に登録済み、または新規登録したGoogleビジネスプロフィールについて、オーナー確認をする必要があります。

オーナー確認は、Googleビジネスプロフィールをオーナー自身が管理できるようにする手続きのこと。

オーナー確認をすると情報を適切に管理できるだけでなく、投稿機能や口コミ返信機能も使えます。

またGoogleによると、上位表示させる要素の一つにもなっているようです。

「ビジネスのオーナー確認を行うと、Google マップや Google 検索などで、ローカル検索結果にビジネス情報が表示される可能性が高くなります。」

Googleビジネスプロフィールヘルプ

なおオーナー確認方法について知りたい方は、下記記事もご覧ください。

ローカルパックに上位表示させる要素と対策

ローカルパック表示の要素と対策

前提が整ったところで、上位表示させるための要素と対策について解説します。

Googleによると表示順を決める要素は大きく分けて3つ。

関連性と距離、知名度の組み合わせによって決まっていると言われています。

関連性

関連性とは、検索キーワードとビジネスプロフィール情報の関連度合いのこと。

関連性が高いほど、ユーザーのニーズに合致していることを意味します。

そのため、ビジネスプロフィール情報をより充実させ、ニーズに合致させることが対策の一つ。

具体的には、以下のような対策が挙げられます。

写真を載せる

店舗情報に写真を載せると、ユーザーはより知りたい情報を得られます。

例えば、飲食店なら外観や内観、料理の写真など。

来店を決めるために、ユーザーが知りたい情報を載せるとよいでしょう。

正確かつ詳細なビジネス情報を載せる

最低限、ビジネス名(店舗名)や住所などの正しい情報は必要です。

その他にも連絡先、営業時間なども正確かつ詳細に掲載する必要があります。

特に営業時間は、最新情報を適切に管理することが重要。

掲載情報を見て来店したら営業時間が変わっていた、といったことがあるとお店の信用を失いかねません。

また、住所が正確でないと地域情報と合致せず、表示されにくい可能性も。

ユーザーが検索しそうなキーワードや知りたい情報を、正確かつ詳細に載せるとよいでしょう。

距離

ユーザーが入力した地域名とビジネス情報の距離が近いほど、上位表示されやすくなります。

またユーザーの現在地とビジネス情報の距離が関係する場合も。

地域名を入れずに検索しても、現在地付近のビジネスリストが表示される場合があります。

このように住所は重要な判断材料になるため、正確なビジネス情報を掲載する必要性があるのです。

知名度

インターネット上での知名度の高さも判断材料の一つ。

例えば東京タワーのように、一般的に有名な建物などは知名度が高くなります。

またGoogleビジネスプロフィールやそれ以外のインターネット情報を通じて、総合的に判断されるようです。

知名度を上げるために、具体的に以下のような対策が挙げられます。

良質な口コミを集める

ユーザーから良質な口コミを集めるようにしましょう。

事業に力を入れるだけでなく、口コミへの適切な管理・対応も重要です。

例えば飲食店の口コミサイトに掲載されていれば、その口コミも知名度の一つになります。

また、Googleビジネスプロフィールの口コミ数や評価も重要。

オーナー確認を済ませれば口コミ管理機能を使えるため、お礼や悪い口コミへの対応もできます。

返信によってユーザーからの印象も変わるため、口コミ対応も重要と言えるでしょう。

自社サイトのSEOに力を入れる

自社サイトがある場合、SEOに力を入れることも知名度に関係します。

SEOを講じて自社サイトが上位表示されれば、それだけ多くのユーザーの目に触れると言えるためです。

ローカルパックのSEOよりも難易度が高めですが、自社サイトの上位表示によっても来店・売上の増加が見込めるため、力を入れておくとよいでしょう。

SNS発信や情報メディア掲載をする

SNSでの情報発信や、飲食店情報サイトなどへの掲載も対策になります。

インターネット上のサイテーションは、知名度の高さに影響するためです。

サイテーションとは、SNSや他サイトなどインターネット上でそのビジネスについて引用・言及されること。

自社サイト以外でも自社情報が取り上げられていることは、知名度を表す要素になります。

ローカルパックを活用する上での注意点

ローカルパック 注意点

ローカルパックを活用する上で、注意しておきたい点もあります。

ローカルパックに表示されないこともある

「地域名+サービス名」で検索しても、ローカルパックに表示されない場合があります。

Googleは3つの要素の組み合わせで判断するため、地域名が合致するだけで表示されるとは限らないためです。

例えば近い店舗よりも、遠い店舗が表示される場合もあります。

その場合、距離よりも関連性や知名度が優先されたと言えるでしょう。

またキーワードによっても表示の仕方は異なります。

地域性の弱いサービス名の場合、地域名を入れてもローカルパック自体が表示されないこともあるようです。

ビジネスプロフィール情報の表記統一に気を付ける

ビジネスプロフィール情報はNAP表記の統一に気を付ける必要があります。

NAP表記
Name(名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)

Googleはインターネット上のあらゆる情報から判断するため、表記を統一していないと同じ情報として判断されません。

その場合、口コミサイトで評判が良くても知名度が上がらない可能性があるでしょう。

一例として、以下のような表記統一に気を付ける必要があります。

名前:「株式会社A」「(株)A」の統一
住所:「1-1 〇〇アパート101号室」「1-1-101」
電話番号:「090-1111-1111」「09011111111」

ローカルパックの種類や上位表示の対策まとめ

ローカルパックまとめ

今回は、ローカルパックの仕組みや種類、上位表示させるための対策について解説しました。

ユーザーの目に留まりやすいローカルパックに表示させるためには、関連性・距離・知名度の3つの要素が重要。

対策として、Googleビジネスプロフィール情報を充実させる以外にも、インターネット上のあらゆる情報を適切に管理する方法あります。

なおGoogleに同一情報と判断してもらうには、他サイトとの表記の統一に要注意。

対策によりローカルパックに上位表示されれば、露出が増えて来店や売上の増加につながります。

今回ご紹介した対処法を参考に、ビジネスにローカルパックを活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる